おさるのかあちゃん徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩辛すぎるアジの開きは・・・

みなさん、アジの干物・・・アジの開きって、買ったときに当たりはずれってありません?

程よい塩加減で脂が乗っていておいしいものに当たればラッキィ~だけど、お茶漬けでないと食べれないような塩辛すぎるアジの開き・・・これにぶちあたったひにゃあ~、凄く悲しい・・・鮭はおにぎりに入れても、アジの干物はおにぎりの具には、まずいれないもんねえ・・・。

で、先日、親戚のおばさんから頂いたアジの干物7枚ほど・・・全部、塩辛くて正直、おかずとしては食べられない・・・。

でも、賞味期限も間近・・・。

とりあえず、全て焼いて身だけをほぐしてみた。
どうしよっか・・・これ・・・。

ひらめいた!
まぶしご飯にしよう!
水菜・・・一株(5ミリ幅にきる)
塩・・・一つまみ
すりゴマ・・・たっぷり
アジの開きのほぐし身・・・3枚分ほど
ご飯・・・4人分

水菜は一つまみの塩(材料の塩)で揉んで水気を切る。この水菜と残りの材料をボウルの中で混ぜ混ぜ

お茶碗によそって出来上がり!

食べてみた・・・これが、結構、おいしかった!!!
アジの開きの塩辛さが、水菜とすりゴマご飯に緩和されて絶妙!
逆に、アジの干物の塩辛さがおいしさを引き出している感じでした。

既に、やったことがある方はごめんなさい

アジの開き、塩辛すぎるのが冷蔵庫にまだ残っている方・・・よかったら一度やってみてください。

身をとるのが面倒で子供が食べてくれないと言う方・・・これなら、骨さえ入ってなければ、子供も食べてくれると思いますよ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。