おさるのかあちゃん徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉まんの作り方(手ごね編)

肉まんの作り方をアップして欲しいというご要望におこたえして紹介します。
でも、この作り方は友達が持っていた料理本をコピーさせて貰ったものです。


<材料>・・・4個分
~肉まんの生地~
強力粉・・・80g
上新粉・・・20g
砂糖・・・10g
インスタント・ドライイースト・・・1g
 (製菓コーナーなどで売っています。カメリアのイースト)
ベーキングパウダー・・・1g
仕込み水・・・55ml
(注:仕込み水の温度は春は35℃、夏は10℃、秋は40℃、冬は45℃にしてください。それから、アルカリ水はイーストの働きを悪くするので水道水か浄水にしてください。)
塩・・・1g
ラード・・・3g

~肉あん材料~
豚挽き肉・・・80g
しろねぎ(みじん切り)・・・35g
生椎茸(みじん切り)・・・10g
しょうが(みじん切り)・・・(小)ひとかけ分
砂糖・・・小さじ2
しょうゆ・ごま油・酒・・・各小さじ1弱
塩・・・少々

(肉あんの作り方)

ボウルに肉あんの材料を入れ、手でよくもんで混ぜ合わせる。
4等分に分けて丸めラップをかけ、使う直前まで冷蔵庫に入れておく。
※もし、肉あんが余ったら春雨スープの具に入れるとおいしいですよ!

(その他用意するもの)
・オーブンシート
・蓋付フライパン
・蒸し台
・ふきん

作り方
(1)直径24~27センチのボウルに強力粉・上新粉・イースト・ベーキングパウダー・塩を入れへらで混ぜ合わせ、ラードも加えてひとまとめになるまで混ぜる。(写真一番上)

(2)生地をボウルからこね台(こね台がなければテーブルの上で十分です。くっつく場合は少し打ち粉をしてください)に移す。生地を内側に折り、手の付け根部分で軽く押すようにして10分ほどこねる。生地は、上新粉が入るのであまり伸びず、ボソボソした感じ。表面も滑らかにならない。たたき伸ばしたりせず、軽くこねればよい。(写真上から2番目)

(3)直径21センチのボウルにラード少々(分量外)を薄く塗り、こねた生地を丸めて入れる。フライパンに30℃のぬるま湯カップ2を注ぎ、生地の入ったボウルを入れ、蓋をかぶせる。そのまま20分おいて1次発酵させる。(写真上から3番目)

(4)生地が発酵前より1.5~2倍の大きさに発酵していれば良い(写真一番下)
TS310138.jpg
(写真

(5)一次発酵させたボウルをフライパンからだし、側面から指を入れて、生地をはがす。このとき自然にガスが抜けてしぼむ。生地をキャンパス地に移し(キャンパス地がなければほんの少し打ち粉をしてテーブルの上などでよい)スケッパーで4等分に分割し、生地を丸める。
(スケッパーがなければ包丁で十分です。)(写真一番上)

(6)生地をキャンバス地の中央に並べ、左右のキャンバス地をかぶせる。(なければ、オーブンシートの上に並べ乾燥しないようにラップをかけておけばよい)さらにその上に固く絞った濡れぶきんをかけ、20分間ベンチタイムをとって休ませる。<ベンチタイムとは・・・生地をねかせるために(6)の工程をして放置しておくこと>生地の大きさはベンチタイム前後でもあまり変わらない。(写真上から2番目)

(7)生地を両手に取り、手のひらで押し広げる。両手の指で生地の縁を薄く広げるようにして、直径8センチほどの円形に伸ばす。生地の中央は厚めに、縁に行くほど薄くするのがコツ。(写真上から3番目)

(8)生地中央に準備しておいた肉あんをのせる。生地の縁にひだを寄せながら、肉あんを左手の親指で押すようにして右手で包む。(写真一番下)
TS310139.jpg
(写真

(9)肉あんを包んだら、上部のひだを寄せた部分を親指と人差し指でつまみ、中心をくぼませ、周りを少し立てるようにしてまとめる。残りも同じように成形する。(写真一番上)

(10)フライパンに水を深さ1.5~2センチほど入れ、中央に蒸し台を置く。(写真上から2番目)

(11)蒸し台の上に、同じくらいの大きさにたたんだふきん、オーブンシートをのせる。(写真上から3番目)

(12)間隔をあけて(9)の生地を並べる。フライパンから少しはみ出たオーブンシートを蓋に挟み、蒸気が程よく抜けるようにする。蓋をして煮立たせてから弱火にし、12~15分間蒸す。(写真一番下)※蒸し台がなければ、フライパンではなく蒸し器で蒸しても良い。


TS310140.jpg
(写真

レシピだけを読んでいると面倒くさいかもしれませんが、作ってみると意外と簡単で楽しいので挑戦してみてね
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

じぇりぃびーんずさんへ

はい!是非作ってみてくださいv-411
もし、ホームベーカリーをお持ちでしたらそちらのほうが楽ですのでおっしゃってください。ホ−ムベーカリー用のレシピもアップしますから・・・。

絵本ですが、うちはおさるたちともども「長谷川 義史」さんの本にはまっています。
私たちは、ナンセンスな絵本が大好きです。
長谷川さんの絵本のタッチは独特で書かれているイラストはかなり細部にまで気を配られています。
例えば、イラストの中に書かれているお店の看板の名前だったりとか・・・。駄洒落が多いかもしれません。
「いっきょくいきまあす」は面白かったです。実際の演歌の歌詞なんかも採用されていて・・・。今の子どもたちに「津軽海峡冬景色」なんてわかるのかぁ・・・とおもいつつも・・・。
シリアス系がお好きでしたらごめんなさいv-356

おさるのかあちゃん | URL | 2007年03月17日(Sat)02:21 [EDIT]


できるかな〜^^;

レシピアップありがとう

大食いの長男のおやつに作ってみようかな
と思ってます

上手くいったら報告するねv-441

じぇりぃびーんず | URL | 2007年03月17日(Sat)01:47 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。