おさるのかあちゃん徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父のこと・・・(その1)

以前に書いたけど、実家の父は舌癌で来週の火曜日(17日)に癌を取り除く手術を受ける。以前に説明された内容では、父は舌を2/3切除する。

手術日を3日後に控えた父は、今日、外出許可を貰って実家に帰ってきた。
最近の父は、うつ状態にある。
これは仕方の無いことで、誰もが父のような境遇になったらうつになるだろう・・・。
私からみた父の状態は、頭では17日に手術を受けその後の自分の状況を解かっているが、心が全くついていけない状態でうつになっている様子。

こればかりは、当人の問題なので娘の私や母も手助けしてやれない。
手術日を先生から知らされて、実施されるまでの期間がたった10日間ほどだったので、気持ちの整理をつけるにもあまりにも短すぎた。
だから、今、父は精神的にちぐはぐな状態になっているのだと思う。
病院では、口元は笑っているけど目は虚ろだったり、泣きそうな寂しそうな目をしていたりしていた。不眠症にもなっているらしい。
食事も、味覚障害が起きているため食欲が起きずにあまり食べていないらしい。

でも、今日の父はやはり、自分の家が一番の安定剤なのだろう・・・妹家族と私の家族と母に囲まれて一日を過ごしたせいかとても穏やかな顔をしていた。
17日以降は固形物を一生食べられなくなるので、父が好んで食べられそうなものを家族みんなで、父を囲んで夕飯を食べた。

いつもだったら、ほとんど食事が喉を通らない状態らしいけど、自宅での夕飯では、父は周りが嬉しくなるほどたくさん食べることが出来た。
父も「入院してから、今までで一番たくさん食べることが出来た!」と嬉しそうな顔で言っていた。無理して、私たちに心配をかけまいと頑張って食べたのかもしれないけど、3日後の手術に備え少しでも体力をつけておいて欲しいから、家族みんなが凄く嬉しい気持ちになった。

妹の子供2人とおさるたちに「じいじ~!」と呼ばれ、おさる4匹(妹の子も含め)に囲まれて、すんごく賑やかだった。
きっと、今日は私たちと過ごしていた間は独り思い悩まずに済んで、久しぶりにリラックッスできたのではないかと思う。

父が自分の言葉を失うまで後三日。
3日とはあまりにも短いけど、今日、リラックスした状態で冷静に今の自分とこれからの自分と向き合って、心の気持ちの整理をして欲しいと私は思っている。

父の癌宣告を受けてから、私を含め家族は、今までに無いほど父に対して愛情を持っている気がする。
父が深刻な病で入院したからこそ、改めて家族の絆と父のことを心より心配してくださる父の大切な人達のありがたさをヒシヒシと感じている。

みなさ~ん、家族の絆って家族みんなが健康な時には気づかないんですよね!時にはうざったく思ったり・・・。
当たり前のように思いがちですが、いろんな人との絆を大事にしてくださいね!きっと、自分が困ったといきその絆が心の支えとなってくれると思います

では、また父のことを時間があったら報告します。

※ 父の看病を妹と母の3人でしなくてはいけないので、もしかしたら、しばらくの間、ブログをお休みするかも知れません。
ご了承ください・・・。気晴らしに、時々、更新をするかもしれませんが・・・コメントのお返事は出来ないかもしれませんので悪しからず
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コキンさんへ

ありがとう!
大丈夫だよv-410
元気ににっこり笑って「いってらっしゃ〜い!頑張ってきてね!みんなで待ってるからねv-398v-344」と言って手術室に送り出すつもりです。

私一人ではなく、妹もいるので二人で協力し合って父と母をしっかりサポートしていくつもりです。

ちょっと、介護などに疲れたら携帯にメールするかもしれないので相手してねv-414v-343

そいじゃあ、まったねぇ!

おさるのかあちゃん | URL | 2007年04月15日(Sun)11:45 [EDIT]


私、おさるのかあちゃんにこの話を聞いてから考えてた。
最後の日、手術前、なんて言葉を交わすだろう・・・・って。
考えただけで、切なくなってくるね。
私が感じる以上に、おさるのかあちゃんは・・・・
そしてお父さんは。

なんともやりきれない思いでいっぱいです。

残り少ないお父さんの声。
あったかい家族の愛情で守ってあげてくださいね。

手術の成功、祈ってます。

コキン | URL | 2007年04月15日(Sun)00:54 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。