おさるのかあちゃん徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざりがにさん、ごめんなさい・・・

先週の木曜日に近くの用水路で計11匹のザリガニを捕った。

おさるたち、自分たちで飼うというので少し大きめの飼育容器(カブトムシとか飼う虫かご)をわざわざ2つ買って、ザリガニを半分こした。

捕ってきた次の朝、3匹死んでいた。

また次の日、1匹死んでいた。

その2日間は、母が・・・私が毎日裏の用水路から水を汲んでお世話してました。

土曜日、奴らはちっとも世話をしないので自分たちで用水路に逃がしてくるように命令!

そして、今週の火曜日、そう今朝、奴らが幼稚園のバス停に向かう前に用水路に捨てに行かせました。

残り全部、おさるたち、お世話をちっともしなかったので死なせてしまいました。
もちろん、おさるたちを怒ったよ!どんな生き物にも、命はある。
おさるたちは、お母さんたちがお世話をしているから、毎日生きていられる。

捕まえられたザリガニたちは、おさるたちが水も替えてあげない、えさもあげない・・・だから、死んだのだと説教!

ザリガニにだって、家族がいたのだから!かわいそうでしょ!お世話しなかったら死ぬのは当たり前!死んじゃったザリガニさんたちに謝りなさい!
これからは、捕まえるのはいいけどその日のうちに逃がしてあげなさい!それが約束できないのなら捕まえてくるな!!!とね・・・。

おさるたち、朝からしゅん・・・となっていました。
まあ、生き物の命を無駄にすると言うのは良くないことだから今のうちに教えておかないとね・・・。

うちのおさるたち、最近、お魚を出してもあまり食べずに残す。
だから、たまに調理する前の魚を使っておさるたちに魚の口を口ぱくさせて、魚の気持ちを伝えている。その魚が本当のところ、どう思っているかは分からないけど、「おいっ!こら君たち!俺様は本当は死にたくなかったんや!俺様にだって家族はおったんや!
けど、人間につかまってしまってこんなところに来てしまった。生きたかったのに、人間に殺されてしまったんやから、責任持ってきちんと食べてくれよ!でないと、海から連れてこられて死んだ意味がないやないか!!!綺麗に食べてくれやな、天国にいけやん!」とおさるたちに言うと、真剣な顔をして魚を見ている。もちろん、残そうとするとその話をしたら、食べてくれます。
食物連鎖を教えるのも大事なことだからね・・・。
人間が自然を壊していると言うことも・・・ちょっとずつ教えています。水の大切さ、人間はいろんな小さな命を貰って日々生きていること。

これを当たり前と思わずに、成長していって欲しいな・・・と思う母であった。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

めだかさんへ

クワガタは、越冬するのでもしかすると数年生きてきたクワガタだったのかもしれませんね・・・。

夏野菜カレー好評でしたかv-398
そう、あのトマトがポイントなんです。
これからのクソ暑い日にも、普通のカレーはいまひとつ食べづらくても、夏野菜カレーはサラッとしているから食べやすいんだよね!
どれも直ぐに火が通るものばかりなので、煮込み時間も少なくて、長時間、台所に立たなくてすむし・・・。

かばちゃのスープも、面倒くさそうに見えてそうではないので、お試しあれ!

おさるのかあちゃん | URL | 2007年07月05日(Thu)11:24 [EDIT]


さやこうへ

おさるたちはね、悪いとは思っているんだろうけど泣かないんだよ。
生き物の生き死にに対して、たぶん、当たり前のようにあの子達は受け止めているのだと思う。
人の生死に関しても・・・今年は、道じいが亡くなったし、来年の2月はじめには奴らのきょうだいが生まれてくるわけだから、今年度はあの子達にとって、生死のお勉強の年なんだろうね・・・。

おさるのかあちゃん | URL | 2007年07月05日(Thu)11:19 [EDIT]


どこぞも同じですね。我が家でもザリガニやクワガタ、結局、世話をするのは私になってしまいます。
今日、クワガタが3匹死んでしまいました。戦って負けたのかどうかは分かりません。餌はあげていたんですけどね。子供たちは、消えた命のことを、どんなふうに感じているんでしょうね。
そうそう、めだかもやっぱり夏限定のやる気の持ち主です。でも今年はそれも発揮できていません。A型なのに、掃除・洗濯めちゃくちゃ手抜き中です。あっ、夏野菜カレー好評でした。トマト絶賛されましたよ!あの酸味がくせになりそうです。

めだか | URL | 2007年07月05日(Thu)00:50 [EDIT]


大事だよねっ!

私も何不自由なく生きてきて贅沢に育ってるから、その子供に伝えても説得力がないのかなぁ…と思ったりして、私自信も気をつけるようにしてる。前に子おやじのカエル事件の話しを日記にしたけど、カエルの死に直面して大泣きして辛さをわかって、あれからは捕まえてこないようになったよ。命の大切さ。私達の為に命をくれた食物、しっかり教えていきたいよね。

さやこう | URL | 2007年07月04日(Wed)17:22 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。