おさるのかあちゃん徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶粥

昨日、無性に茶粥が食べたくなって自分の分だけ夕飯に作った。

この時期になると、食べたくなるんだよねえ・・・。

私にとって、茶粥はおばあちゃんとおじいちゃんの味

私の母方の今は亡きおじいちゃんが常におばあちゃん(おばあちゃんは今でも健在です)に作らせていた。

だから、おじいちゃんちに遊びに行くと必ず、茶粥があった。

夏の暑い日は食欲が落ちるけど、この茶粥を冷たく冷やしてお漬物や、昆布の佃煮、特に伽羅ぶきの佃煮と一緒に食べると最高においしくて食べられるのです

もちろん、暖かい茶粥もおいしい。

おばあちゃんの茶粥は、緑茶で作るのではなく、番茶(ほうじ茶)で作る。お茶漬けや白粥とはまたちょっと違った味である。

冷たく冷やして食べれば、さっぱりしているのでサラサラッと何倍でも食べれる。

茶粥ってみんなにはあまり馴染みがないかもしれないけど、奈良のお寺では、精進料理として出されているところもある。

味の好き嫌いはあるかもしれないけど、よかったら作って食べてみてね!

~茶粥レシピ~

<材料>

・生米(1合)

・ほうじ茶(よく煮出したもの・・・1リットル)

※ほうじ茶は、何故かいいお茶よりも安物のお茶のほうがおいしく出来る。いいお茶を煎じて作ったほうじ茶は、味が濃く出すぎてちょっとエグイ味になる。

・塩・・・少々

<作り方>

1・鍋にほうじ茶を煮出して作る。

2・1に生米を洗わずに入れる。最初は5分ほど強火~中火でクツクツ炊く。この時に、お米がなべ底にくっつかないようにかき混ぜる。

3.火を弱火にする。お米がふっくらとするまで、炊く。
  この時、頻繁にかき混ぜたりしない。糊状のお粥になってしまうので・・・。

4・時々、お粥の糊の膜が出来るのでそれをきれいに取り除く。

5・出来上がったら、塩で味を調える。薄味のほうがおいしい。

6・ここがポイント!!!
  出来上がったら、直ぐにお水でなべ底を冷やして茶粥をかき混ぜて  手早く冷ます。
  (この作業をすることで、サラサラのお粥が出来上がるのです。)

7・後は、器に持って好きなお漬物などと一緒に食べてください。
  塩鮭でもおいしいですよ!
  (残ったら、傷みやすいので冷蔵庫で保存してください。)
  この、冷蔵庫でよく冷えたのを食べるのが実はおいしいんです

簡単なので、よかったら作ってみてね!

TS310234.jpg

これは、ちょっと時間が経ったので
サラサラじゃなくなっちゃった・・・
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

page oneさんへ

別に手間はかかりませんよ。
お米洗わなくていいし・・・。
お茶を煮出すのが面倒だったら、ペットボトルのほうじ茶で作ればいいことですから・・・。
さらさらの茶粥は作った時だけなので、時間が経てばポテッとしています。でも、おいしいですよ!
是非、チャレンジしてみてください。

おさるのかあちゃん | URL | 2007年08月05日(Sun)14:01 [EDIT]


おかんさんへ

おひさしぶりですねえv-410
結構、簡単なので頑張ってみてください。
くれぐれも煮詰めすぎないようにね!どろどろのおかゆになっちゃいますから・・・。

今朝も、クソ暑いので作りました。
みんな食べないから、自分の分と思って一合分だけ作ったら、旦那に「結構これうまいやん!と2杯もおかわりされ、殆ど私の分はない状態です・・・。楽しみにしていたのに・・・v-406

おさるのかあちゃん | URL | 2007年08月05日(Sun)13:56 [EDIT]


茶粥ですか。  以前京都に行った時お店にありましたが割合高価で、「茶粥なのに高いな」と思ったことがありましたが手間が掛かるのですね。
一度チャレンジしてみます。

PAGE ONE | URL | 2007年08月05日(Sun)05:35 [EDIT]


ごぶさたでーす。
今日『冷汁』なるものを
初めて食したので
ちょっと茶粥もくいつき〜。
うちは父も母もご近所さんなので
郷土料理には興味深深かぶりつきますよ!
早速明日やってみまーす。

おかん | URL | 2007年08月05日(Sun)00:26 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。